南行徳エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 南行徳校】へお任せ下さい!

menu

南行徳エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 南行徳校

南行徳の個別指導塾 学習塾 【英才個別学院 南行徳校】

こんにちは!室長の佐藤です。

本日は第4弾をお届けします!
昨日のブログでお伝えしたとおり、
どのような英語で表現をするべきかを詳しく説明します!

「英作文 イラスト...」の画像検索結果

  1. 譲歩構文を活用する。
    譲歩構文は自由英作文で非常に使える表現です。
    譲歩構文とは「~だが…する」「たとえ~だとしても」といった表現のこと。
    自由英作文ではしばしば自分の意見を求められますが、
    いきなり自分の意見を書くよりも、譲歩構文をうまく使って
    「〇〇という人もいますが、△△だと思います。」のように書いたほうが論理的に感じられ、
    短時間に字数を書くこともできます。
  2. 書き方のバリエーションを変える。
    主に和文英訳において、
    どうしても日本語のとおりに書けない場合の対処法です。
    そのまま日本語のとおりに書かずに、
    日本語と英語で主語を変えてみたり、
    様々な変化をつけたりすることによって、
    案外簡単に書くことができたりします。中でもよく使える表現が無生物主語構文です。
    人を主語にして書いて不自然な英語になってしまったり
    長くなってしまったりするようなときに使うことをおすすめします。
  3. 安易に使わない方が良い構文
    「もし」を見たとしても、
    安易に「仮定法を使おう」と思わないように注意してください。
    仮定法は非現実的な内容を表す表現なので、
    実現すると思われるようなシチュエーションで使ってはいけません。
    もし使う場合は、時制のズレに十分注意しましょう。
    また、分詞構文は自信がない限り使わない方が良いでしょう。
    意味が不明確になってしまうだけでなく、
    意味上の主語をつけ忘れるなどミスを誘発しやすい文法事項です。
    分詞構文よりも接続詞 + SV の形で書いたほうが無難です。
    省略構文や倒置構文も、このような複雑なものは使わない方が得策です。

英作文をやる際に、
多くの人が難しい単語や言い回しをしようとします。
実は簡単な単語などで書ける内容でも、
難しく難しく考えてしまうのが
人の悪い点でもありますね。

以上の3点に気をつけて、考えてみて下さい!

****英才個別学院 南行徳校 概要*****

【  授業時間  】 17時00分~21時30分

【  対 象   】 小学生・中学生・高校生・既卒生

【お問い合わせはこちらから】

  1. 当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai.org/minami/

2.直接、教室までお電話ください。

047-701-1700(14:00~21:00 日、祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー

英才個別学院 南行徳校 フェイスブック
英才個別学院 南行徳校 ツイッター
英才個別学院 南行徳校 YouTube チャンネル
英才個別学院 南行徳校 Google+